アルバイト従業員として働く上で一致団結すること
アルバイト従業員として働く上で一致団結すること

アルバイトに関する法的トラブルのご相談は法律家に

アルバイトの大半は、高校生や専門学生、短大生、大学生等といった若者です。若者は、社会常識や法律知識に乏しく、勤務先にも強くものが言えないという傾向にあります。勤務先が、このような若者の特徴を逆手にとり、若者が搾取されているという現状が多数発生しています。具体的には、サービス労働、サービス残業、パワハラ、セクハラ、賃金未払等です。これらの被害に遭った多くの若者は泣き寝入りしてしまっています。

しかしながら、このような状態を放置・黙認することは、日本経済にとっても本人にとっても決して好ましいことではありません。このような被害に遭った場合は、勇気を出して、法律家に相談しましょう。法律家というのは、弁護士と司法書士のことです。つまり、交渉や調停、裁判の代理権を持っている資格者のことを言います。くれぐれも、弁護士や司法書士以外の者には相談しないようにしましょう。後々、面倒なことになってしまいます。もっとも、一口に弁護士や司法書士といっても、その専門分野はそれぞれであり、労働問題を専門とする弁護士や司法書士でないと適切な解決が困難となります。ですので、事前にその弁護士や司法書士の専門分野を電話やネット等で確認することをオススメします。
Copyright (C)2017アルバイト従業員として働く上で一致団結すること.All rights reserved.